誕生色

2010年7月18日 (日)

咲初小藤(さきそめこふじ)

~ 梅雨もあけ夏の光に輝いた紫露草の淡い紫 ~

Huji

空 鮮やかに聞こえてくるもの
やさしい声 やさしい音色
どこまでも透きとおらせてくる

こころ熱くなされる
涙の先うつくしく
かなしみそそがれる

はるかからの詩
つながれて
青の今日を生きる

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

2010年カレンダーより 7月の誕生色『咲初小藤』です。

|

2010年6月11日 (金)

憧葛(あこがれかずら)

~ 五月雨が葛の葉をぬらした緑 ~Akogarekazura

ああ・・・
わたしの時が
こんなにもやさしく
流れつづけてゆく

つゆの雨に
色濃く染められた葉脈を
ゆび先細くたどりながら
紡がれる調べ
美しく描かれる

空はいま穏やかに
晴れ上がり
こころはいつしか
ただ静けさへと
たたずんでゆく

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

2010年カレンダーより 6月の誕生色『憧葛』です。
梅雨には早い気もしますが(笑)

使用してる写真は 昨年撮った「蔦葉桐葛(つたばきりかずら)」
アサリナの写真です。

|

2010年5月 9日 (日)

初恋薊(はつこいあざみ)

~ 薫風風吹く五月に目を引く薊の深い紫 ~

Hatukoiazami01_2

永いながい時間を
あなたはそこから
薫っていたのかもしれない

ふっと呟いた想いが
胸の深いところへと
しずかに降りてゆく

そこはなつかしい場所
確かにあの頃からあって
やさしい風が煌めいてくる

永いながい時間を
小さな花はそこにひっそりと
想いの風を
薫らせていたのかもそれない


_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

2010年カレンダーより 5月の誕生色『初恋薊』です。

|

2010年4月13日 (火)

花舞小枝(はなまいこえだ)

~ 春風に揺れる花を支える小枝のしなやかな色 ~

Hanamaikoeda01
あなたはやさしい
想いの季節とき
まなざしみなもと
あいらしさ
うつしてくださる
きょうの華

ふるさとあこがれ
そよがせる
すがしくただよう
きよらかさ
うつしてくださる
きょうの空

あなたはやさしい
想いの季節とき
こころのみなもと
あざやかさ
うつしてくださる
きょうの風

こころさゆらぎ
すきとおる
さざめきただよう
しとやかさ
うつしてくださる
きょうの道

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

2010年カレンダーより 4月の誕生色『花舞小枝』です。

|

2010年2月 1日 (月)

恋待蕾(こいまちつぼみ)

~ 春浅い土を割って顔を出すフキノトウの萌える黄緑 ~Hukinotou


今日 たたまれていた心を
そっとひらいて
如月の空をながめています

ほどかれた想いは
空にやさしく抱かれ そしてまた
この胸へと帰されてきます

今日 苦しかった人へも
今日 悲しかった人へも
こころは空からつながって

ほのかな輝きが
ほのかな温もりが
如月の空から結ばれてゆきます

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

2010年カレンダーより 2月の誕生色『恋待蕾』です。

|

2010年1月 4日 (月)

想紅(おもいくれない)

~ 雪の中で凛として咲く寒椿の深い紅 ~

Kantubaki01

さみしいから詩ってきました
よわいから詩ってきました

愛したいから詩ってきました
愛されたいから詩ってきました

あなたに あなたがたに
お逢いしたこの場所で

いのちの響きが聞こえてきました
ほほ笑みの風に乗ってきました

やわらかな光りが透してきました
やさしい光りが唄ってきました

見えるでしょうか
わたしの想いが
小さな言葉の舞が
小さな想いの色が

出逢えたことに感謝いたします

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

1月の誕生色で 2010年の自作カレンダーに載せた詩です。

|

2009年12月 1日 (火)

勿忘菫(わすれなすみれ)

~ 菫が咲き淡雪の舞う季節の色 ~

淡くちりばめられてくる
沢山のめぐみとゆるし

一年の響きが ここに
ゆっくりと広げられてゆく

はるかやさしいものの
想いに合わせられて
季節ときは美しくめぐる

仰いでゆく胸の
まなざしに

きょう銀花のささめきが
ふれてとける

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

12月の誕生色「勿忘菫」で書いてみました。
早いもので あと少しで今年も終わりですね。

12月に淡雪が舞うことは最近なくなりましたが
風花舞う感じと大晦日のイメージで書いてみました。
大晦日・・・ちょっと気が早すぎるかも?

|

2009年11月29日 (日)

恋染紅葉(こいそめもみじ)

~ 秋の残照に映える紅葉の燃える赤 ~

やさしい声・・・すきとおる音色
それはこの季節が歌われて
いらっしゃるのでしょうか?

なにもお伝えできない
こんな弱いわたしなのに・・・・・・

あなたはどこまでもやさしく
わたしのうちに
きょも届けてくださる

自分の罪を自分のものだと
言えたとき
安らぎがかえされるのでしょう

尊いあなたの慈しみの光りが
激しい痛みや渇きを
癒してくださるのでしょう

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

以前ご紹介した【誕生色】の一つで
11月の誕生色です。
「恋染紅葉」と言う言葉よりも
「秋の残照に映える紅葉」を見ていると
つい こんなことを思ってしまいます。

|

2009年3月 8日 (日)

夢宵桜(ゆめよいざくら)の空

~ 春のおぼろにうかぶ楚々とした山桜の薄桃色 ~
Yumeyoizakura00

夢宵桜の儚さに
命のかがやき 重なりて
包むひかりの香(かぐわ)しさ
きれいに 染めいる 花明かり

夢宵桜の愛しきに
命のひびき 重なりて
広がる想いの健やかさ
やさしく 染めいる 花明かり

夢宵桜の尊きに
命のよろこび 重なりて
見上げる夜空の美しさ
淡く 染めいる 花明かり

続きを読む "夢宵桜(ゆめよいざくら)の空"

|

2008年10月18日 (土)

想紫苑(おもわれしおん)

ほそやかに
流れてゆく
優しいものたち

装いきれいな
木々のあいまを
縫いながら

わたしのうちから
ただよう
微かな かなしみ

どこかすこし
痛む想いを
紫苑色が染めてゆく

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

以前にも紹介したことのある
月毎の誕生色を使って書いてみました。
染めと織りの街・新潟十日町の繊維工業組合が
美しい名をつけて十二ヶ月の色を選んだものだそうです。
そして 10月の誕生色が「想紫苑(おもわれしおん)」。
「風立つ秋の野に咲き乱れる桔梗と紫苑の紫」だとか。
秋のもの悲しさって 紫苑の紫色なのかも?

ちなみに 紫苑の花言葉は
「遠方にある人を思う」「思い出」「君を忘れない」「追憶」です。
花言葉の雰囲気も取り入れてみました。

↓お花が見たいかたはこちら↓
紫苑ってこんな花!

↓どんな色か見たい方はこちら↓
『誕生色』

|