言葉

2012年9月14日 (金)

煙草が灰になるまでは

飲みこんだ言葉の重さを忘れたくなり
忘れてはまた飲み込む

風の匂いとか雲の色が変わってゆく
秋空高く 煙草の煙が舞う

一本の煙草が灰になるまでは
流れるままに こぼれる心

何ひとつ 思うようにならなくて
今夜も風は清かにすぎる

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

※この記事へのコメントは受け付けていません。

思いつくまま ダラダラと書いてみました。

| | トラックバック (0)

2011年6月 6日 (月)

十年後のわたしへ(備後弁で書いてみた)

元気しょぉるか?
生きとるか?
いや マジで(笑)

ここ最近のわしゃぁゆうたら
うれしいことと かなしことが
ようけぇあって アタマがどうにか
なっちまいそうじゃったよ。マージー・・・
へっ?何?・・・そんぎゃぁな昔のこたぁ 忘れた?
忘れとるんなら ええことじゃ!

それから ひっとしておみゃぁ 再婚しとるんか?
もし再婚しとったら デレデレせんようにの。
とうちゃんは デンと構えて
たまにゃぁ きびしゅぅせにゃぁイケンで。
こぎゃぁなことゆうても おみゃぁの性格じゃ
無理じゃろぉけど(笑)

・・・そっかぁー 十年後にゃぁ 楽しい事が
ようけぇ 待っとるんじゃの・・・
しょうがにゃぁけえ もうちぃと がんばってみるかのぉ?

どっけえしょっと!
まずは この手紙が届くころまでは がんばってみますか。
よっしゃ いっちょやってみるかの。
それじゃ 十年後。
キツイ事とか 悲しい寂しい事とかあったら
コッチョリ 手紙かくけぇの
そんときにゃぁ よろしゅう!
ヾ( ̄◇ ̄)ノ))バイバァイ

追伸:老けすぎんなよ。マジで。
   オヤジじゃけぇゆうて オシャレにぁ
   手 抜かんよーにの。
   そこんとこ たのむど。

┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌

十年後の自分に手紙を書いてみました。
使い慣れた方言(広島県の備後地方の備後弁)を使って 息抜き(笑)
今年48ですが 生まれて35年間住んでいたし
今でも仕事場は 備後なので方言丸出しでしゃべってます。
でも 読みにくいよね。
それから 再婚の部分は無理かも(笑)

これを読んで 久遠のイメージ崩れたかも?

標準語でも書いてみたので 興味のある方は
読み比べてください。

続きを読む "十年後のわたしへ(備後弁で書いてみた)"

|

2011年3月24日 (木)

あなたの心の中に

あなたの心の中に
わたしはいますか?

あなたが
だれかにもたれかかりたい時に
わたしはいますか?

あなたが疲れた時だけ
わたしを思い出してくれれば
それでいいのです

ときどきでもかまわないから
わたしを思い出してくれれば
それでいいのです

少しでもかまわないから
あなたの心の中に
わたしの存在があれば
わたしはうれしい・・・

わたしの居場所は
あなたの心の中に・・・

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

あなた = このブログを読んでくださる方々
わたし = このブログです。

ここからは ある方とある方のブログ記事とコメント欄を拝見し
『願っても結果は期待に背く』について書いてます。
不快に思われる方もいらっしゃると思いますので
興味のある方だけ 続きを読んでください。

続きを読む "あなたの心の中に"

|

2009年2月27日 (金)

言葉3

苦しみや辛さを経て 人は深められてゆく

|

2008年12月13日 (土)

言葉2

『ひとりでも』

さみしかったけど 孤独感はなかった

孤独というのは
誰かと愛を分かち合うことを覚えた後の

ひとり

※※※※※※※※※※※※※※※※※

『過去』

すべてのことは
過去になる
過去は忘れ去られてゆくものではなく
思い出として生きつづける
今までも これからも

※※※※※※※※※※※※※※※※※

『思い出』

どんな思い出でも
思い出すたび
美しく飾られてゆく
少しずつ都合のいいように
作り替えられて

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

今回は詩ではなく 言葉として書きました。
飾らない ありもままの表現で。

|

2008年6月 1日 (日)

言葉1

私たちが今日あるのは
昨日の想いからだ
そして 今日の想いが
明日の人生をかたちづくる

人生は 私たちの
心の創造物だ

― 仏陀 ―

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

初めに 仏陀の言葉の一つの紹介しました。
皆さん 一人一人 解釈のしかたは違うので
わたしの考え方は書かないことにします。

今回は この言葉から浮かんだ事を
詩ではなく 言葉として書きました。
飾らない ありのまま口調で表現してます。

続きを読んでください。

続きを読む "言葉1"

|

2008年5月 2日 (金)

言葉

水や空気はつかめません
包むものです
人の心も 同じなのです

※※※※※※※※※※※※※※※※※

足りなくていいんです
その足りない部分があってこそ
あなた自身なのです

※※※※※※※※※※※※※※※※※

「生きてる」ではなく
「生かされてる」って
思うことはできますか?

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

今日は三行詩と言うほどでは無いので
言葉として読んでください。

|