« 代償 | トップページ | 今日は »

2013年12月12日 (木)

恋うもの

私は汚れているから
美しいものを恋う
かわいているから
しっとりとした優しさを恋う

私が汚れているかぎり
美しいものを見ていられる
かわいているかぎり
しっとりとした
優しさを感じていられる

だから
美しくならなくていい
優しくならなくていい
そのそばにいるだけでいいのだ

目を細くし
それを見ている
近くにあって
手のとどかぬ
その距離こそが
崇高な輝き

私はあつく恋うものであることによって
存在を実感できるのだ

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

*この詩へのコメントは受け付けていません。

いつもと違う表現で書いてみました。

何かを求めている(恋うもの)

|

« 代償 | トップページ | 今日は »