« 2013年10月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月

2013年12月27日 (金)

仮説

「あの時○○してたら」
何度考えただろう
あの時・・・あの時・・・あの時・・・
出来ない仮説を立て続けてる
疑問ばかりが
浮かんでは消える
上辺だけの質問に
答えなど無いと知っている
ここにいてもどうにもならない
わかってるけど・・・
心が進めない・・・

|

2013年12月23日 (月)

タイムリミット

立ち止まり 振り返り続けてる自分に
記憶という空想に
覆い尽くされて行く

もうタイムリミットは
近付いているのか?

日々 過ぎていく苦痛たちは
一つ一つ笑顔を殺していく

視線の先には
やっぱり痛みしか無い
わたっているけど
向かうしかない私・・・

もう十分じゃない?
心がつぶやく

例えきれない傷跡
透明だった色は
黒く塗りつぶされていく
それが鮮明になることは
もうないのか?

|

2013年12月22日 (日)

妄想?空想?現実?

私の中で消えてゆく光

三日月の綺麗な空の下
あたりは紫だった

この淡い風景は
私の一生出せない色

限界を感じながら息をし
声を出せない口元

思い出されるあの頃も
変わらないリズムで
あの月は動いていたのか

大きすぎる事実を
私は無言で
受け入れるしかなかった

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

少ししか眠れない日が続いてるけど
その眠りの中で 自分を眺めてる自分がいる。

夢の中なのに 妄想のような 空想ような 現実・・・

|

凍りそうな

心が凍りそうな

感覚がなくなるのを待つだけ
どうにもならない苦しみが
勝手に薄れていくのを待つだけ

それしかできない・・・

|

2013年12月21日 (土)

オナジコト

心の中と頭の中で
同じことが蘇って
寒気がよぎった
その瞬間

やっぱり生きてる自分を
後悔が襲ってしまう

|

2013年12月20日 (金)

空の上の誰か

願うことで
何かが叶うと信じてた
空の上に誰かがいて
私を見てると思ってた

それは私の空想であり
私は特別ではなく
ただの人間であると
気付いた時
私は
泣くことより
今の自分を笑うことを選んだ
上手に生きるためだと言いきかせて

なのに 今
笑うこともできない

|

迷彩

気持ちは迷ってる

それはどうでもいいことで

あれこれ考える私は

何処かへ消えてしまいたくて

・・・・・・

これ以上 何を望めばいいのだろう

自分と言う嘘に

自分と言う人間に

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

吐き出してるだけなので ご心配なく。

|

2013年12月13日 (金)

今日は

今日いま今日いまだけのこと
こころ静かに祈ります

今日いま今日いまだけのこと
こころ優しく願います

今日いま今日いまだけのこと
こころ素直に聞きます

今日いま今日いまだけのこと
こころ明日へ詩います

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

久しぶりに文字数を揃えて書いてみました。

「今日」と書いて「いま」と読む
一日一日を大切に
今の時を大切に
その積み重ねを大切に

この記事へのコメントは受け付けていません。

|

2013年12月12日 (木)

恋うもの

私は汚れているから
美しいものを恋う
かわいているから
しっとりとした優しさを恋う

私が汚れているかぎり
美しいものを見ていられる
かわいているかぎり
しっとりとした
優しさを感じていられる

だから
美しくならなくていい
優しくならなくていい
そのそばにいるだけでいいのだ

目を細くし
それを見ている
近くにあって
手のとどかぬ
その距離こそが
崇高な輝き

私はあつく恋うものであることによって
存在を実感できるのだ

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

*この詩へのコメントは受け付けていません。

いつもと違う表現で書いてみました。

何かを求めている(恋うもの)

|

2013年12月 5日 (木)

代償

深く 考える事を
やめてみました

傷付く事が
少なくなりました

その代わり
喜ぶことや笑うことまで
少なくなってしまいました

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

いつもと違う書き方をしてみました。
なんだかぁ~・・・

この記事へのコメントは受け付けていません。

|

« 2013年10月 | トップページ | 2014年1月 »