« 2013年9月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年10月

2013年10月27日 (日)

あなたを

あなたをどのように
名づけたらいいのでしょう

あなたはあまりにも大きいから

あなたはあまりにも優しいから

あなたはあまりにも美しいから

きょうもわたしはこうして
ただ みつめるだけなのです

わたしはも求めてゆきたい
あなたを聞いてゆきたい
どんなときも
あなたを感じてゆきたい
きょうの花になってゆきたい
きょうの風にのせてゆきたい

ただ それだけなのに……

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

いつもの事ですが『あなた』は自然全体を指します。

悩み 苦しむ時ほど感じることの難しさを実感します。

| | コメント (4)

2013年10月13日 (日)

いま あなたが

あなたのこころ
今日の空 ふれているから
苦しみさえも
美しく詩ってゆける
いま あなたが
こんなにもいっしょだから

あなたはいつの時もしなやか
昨日まで分からなかったこと
目覚めの時にそそがれるもの
今日の中にひろげられてゆく
慈しみをいつも注いで下さる

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

毎回の事ながら「あなた」は目に見えるもの
肌で感じるもの 自然全体を指します。

| | コメント (0)

めぐりよ

めぐり めぐり めぐり
幾多のものに
めぐりゆききたけれど
いまの想いはなんでしょう

あれほどにも
重かったこころが
あんなに
ふり積もった時間さえも
この片手の平にのってしまう
ひと吹きで飛んでいってしまいそう

かろやかに夏が去り
また
しなやかに秋がめぐりくる

虫たちのこえが
季節をつないでゆく夜

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

ただ ボーッと虫の声をききながら
めぐるゆく静けさを めぐりゆく時間を
見送っている・・・

| | コメント (0)

« 2013年9月 | トップページ | 2013年12月 »