« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

2013年1月27日 (日)

星の華

はるか はるか 遠くから
つないで来た道 この道に
ゆらめくこころの ひろがりを
あわせ咲かせる 星の華

うたい うたい 舞う風に
そよいで来た道 この道に
想うこころの せつなさを
ゆらし咲かせる 星の華

あわい あわい 光りから
ふかめて来た道 この道に
ぬくもるこころの ささやきを
染めし咲かせる 星の華

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

またまた テンポだけで書いてみました。

冬は空は澄んで 星が綺麗に映ります。
寒いけど HOTラム片手にお月見をhappy01

| | コメント (0)

2013年1月20日 (日)

夜の静けさへ

ゆっくりと綴られるページ
やわらかなさざなみ

頬から伝えくる
やさしいものたち

とおい遠いふうけいを
今の静けさへ重ねて

あなたへとただ
こころ傾けながら

おもいはいつか
月灯り透されて・・・

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

今日の「あなた」は目に映る風景と言うか・・・
漠然としたものを指してます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

氷華咲く朝に

朝もやただよう
木々から大地から
わたしからも
この空の下
きょうも
氷華咲く朝

キラキラ キラキラ
地上の星たちが
たわむれうたう

白くおおわれた空間は
時間さえも
止まっているよう

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

ひょうか【氷花】
枯れ草や木の枝などに水分が凍りつき
白い花をつけたようになる現象。氷の花。
[ 大辞林より引用 ] 

実際の意味とは違いますが
霜で白く覆われた空間に朝日があたり
朝もやとなってただよう
そんな景色を書いてみました。
眺めてると わたしの時間は止まったかなように・・・

| | コメント (4)

2013年1月 6日 (日)

静かな時間

ここちよく響きくる
うたに聞き入りながら
わたしの時間ときが掌から
サラサラとこぼれ落ちてゆきます

わたしが優しくうたうと
あなたも優しくうたわれます
わたしが悲しくうたうと
あなたも悲しくうたわれます

しかしあなたのうたは 決して
乱れることはありません
乱れているのは わたしのこころ
。。。。。。

誰かの胸に とどくことばが
わたしのうちにもあるでしょうか?
あなたのことばが わたしを
透ってゆけるでしょうか?

サラサラとこぼれ落ちてゆく
時間ときが 想いにふれて
きょうも たおやかに廻りつづけます

| | コメント (2)

2013年1月 5日 (土)

夕暮れの空から

今日たたまれていた心を
そっとひらいて
夕暮れの空を眺めています

ほどかれた想いは
空にやさしく包まれ
そしてまたこの胸に帰ってきます

今日 くるしかった人へも
今日 せつなかった人へも
ひとしく こころはつながれて

少しのかがやきが
いくつかのやさしさが
夕暮れの空から結ばれてゆくよう・・・

| | コメント (4)

2013年1月 1日 (火)

謹賀新年 2013

02
『今日を響かせる』

ときはめぐりゆく
ひかりゆるぎなく
うたは つながれ むすばれ はなされ
おおくの出逢いと別れ
すこしの喜びと悲しみのせ
こころひろげられてゆく

風の中はしなやかな唄
冬枯れの木々に注がれる

ときがゆるやかに置かれてゆく……

淡くちりばめられてくる
ゆるしと恵みにつつまれ
わたしの胸もしずかに
今日を響かせる

Kadomatu00

今回使用した写真は初日の出ではなく
数年前 備中国分寺で撮影した写真です。

ご訪問してくださる方々
陰ながら温かく見守ってくださる方々
コメントしてくださる方々
ありがとうございます。

昨年同様 不定期更新になると思いますが
のんびりとマイペースで綴ってゆきたいと
思っています。

皆様にとって 幸多い年でありますように。

2013年 元旦
文月久遠

| | コメント (10)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »