« 詩(ことば)を綴ろう(再) | トップページ | 休日の夜明け »

2011年10月12日 (水)

はるかからのメロディー

ことばつづりながら聞いています
はるかからのメロディー
その先 細くほそくたどりながら
今の想いの響きにかさね
聞いています

ああ わたしはほんとうに
何も見えていないのでしょう
なぜ朝があるのでしょう
なぜ夜があるのでしょう
なぜ昼間に交わすのでしょう
なぜここにいのちがあるのでしょう

慈しみ深い自然の中に置かれて
今日もすべてを抱かれてゆきます
大空の華へと渡されてゆきます
月の光りへと繋がれてゆきます
その意味にいつか出逢うために
今の苦しみも大切な華なのです

はるかからのメロディーを
つなぎとめ
想い 今日も生きつづける

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

以前書いた詩を改編しました。

前向きに生きるのは難しいけど
後ろ向きに生きるのは容易に出来てしまう・・・

【 注 】
わたし個人の生き方 考え方を言ってるだけで
他の方がそであるとは限りません。

|

« 詩(ことば)を綴ろう(再) | トップページ | 休日の夜明け »