« 想いの夜 | トップページ | 上弦の音色 »

2009年11月25日 (水)

やさしいものよ

やさしいやさしい水の音
今もその調べに耳を傾けて
。。。。。。

絶え間ない音色のふしぎを聴きながら
送られてくる時間を
なにをして過ごしたいのだろうか?

何も問われず
夜のしじまは届けられます

せつなさを帯びてこだまする調べは
わたしのうちを
深い静けさへと運んでゆくよう
。。。。。。

どこまでも
どこまでも
蒼く
蒼く
。。。。。。

愛しさ・・・そのものの心だけが
蒼をいっそう煌かせながら
廻りつづけるわたしの時間・・・

水の音と重なってゆくわたしの蒼も
。。。。。。
抱きしめて
。。。。。。

ああ・・・痛みそのものだけを
抱きつづけることは
なんと空しいことでしょう・・・

|

« 想いの夜 | トップページ | 上弦の音色 »