« きょうというページ | トップページ | 芯の方から »

2009年4月12日 (日)

晩春の京都

2月のはじめから大阪府○○市に出張で来てます。

仕事も落ち着き 出張先で久々のお休み!
いつもならお休みを利用して
月に一度 地元に帰ってたのですが
今回は京都に息抜き&お花見を兼ねて
行って来ました。
桜の時期は終わりに近づいてたけど
花びらが舞う風景を多く観る事ができたので
満足!

西本願寺 三十三間堂 清水寺
そして 祇園周辺では
八坂神社 円山公園 知恩院 白川などなど
健康のため すべて徒歩で。
言い方を変えれば バスだと渋滞で動かないだけ
人が多かったけど いろんな所をブラブラ^^

Junさんのお店『Live Cafe&Bar SILVER WINGS』の前を通りかかると
“ランチライブ”の看板が?
お店のHPの「SCHEDULE」では臨時休業と書かれてたので
今回は立ち寄る予定じゃなかったけど ランチを食べながら ライブを。
予定外だったので ちょっと得した気分^^
でも Junさんにお会いする事はできなかったので少し 残念。。。
でも 次の機会に。

そんな こんなでいい息抜きが出来たので
言葉も沢山浮かんだ感じです。
なので 大量アップ!

『流して 重ねる』
『清らかに』
『想い・・・そして』
『薄紅色の風が舞う』
『包んでくださる』
『夢見草がゆれる』

以上 6つアップしました。
続きを読んでください

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

『流して 重ねる』

涙流して
微笑み重ね
悲しみ流して
優しさ重ねる

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

『清らかに』

やさしいしらべ
想い やすらかに
鎮められてゆく

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

『想い・・・そして』

やわらかな空に
あいらしい風景

おぼろに描かれた
あの日の空気

きょうの空のしらべ
ほそやかに添うてゆく

むねの言葉は
花のようにのやさしい

ちいさな花びらに
そっと手をかざす

それはうつくしい
風景画の世界

想い・・・
そして

願う

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

『薄紅色の風が舞う』

キラキラお空の まん中を
薄紅色の 風が舞う
ひかりがかなでる ここちよさ
なでゆくこころの そのいきも
まうまう風の 花になる

キラキラお空の まん中を
薄紅色の 風が舞う
この手にふれゆく ぬくもりも
かけゆく季節の そのいきも
まうまう風の 花になる

キラキラお空の まん中を
薄紅色の 風が舞う
お日さまとけいる たわむれも
めでゆくひとみの そのいきも
まうまう風の 花になる

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

『包んでくださる』

いいところも
いやなところも
みぃんなひっくるめて
ひとりのわたし

そんなわたしを
包んでくださる
自然はいつも
包んでくださる

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

『夢見草がゆれる』

夢見草がゆれる
お日さまの風にゆれる

遠い日の記憶が
ほのかにそよぎはじめる
夢の中の記憶が
ほのかにうごきはじめる

夢見草がほほ笑んでくる
清らかにほほ笑んでくる

きょうのひから
やさしくまかれる光りが
こころ透しゆく
遠い日の記憶を
つつみゆく

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

夢見草(ゆめみぐさ)とは桜の異称で
「夢の様に美しくも儚い」という意味だとか。

四連目の「きょうのひから」は
「今日の日から」と「京の陽から」
って感じで^^

|

« きょうというページ | トップページ | 芯の方から »