« 沈丁花 | トップページ | 偽りの顔 »

2009年3月 8日 (日)

夢宵桜(ゆめよいざくら)の空

~ 春のおぼろにうかぶ楚々とした山桜の薄桃色 ~
Yumeyoizakura00

夢宵桜の儚さに
命のかがやき 重なりて
包むひかりの香(かぐわ)しさ
きれいに 染めいる 花明かり

夢宵桜の愛しきに
命のひびき 重なりて
広がる想いの健やかさ
やさしく 染めいる 花明かり

夢宵桜の尊きに
命のよろこび 重なりて
見上げる夜空の美しさ
淡く 染めいる 花明かり

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

「旧ときどきせつない」と「ココロのかたすみ」で
いくつかのコラボが生まれました。
でも 今回の『夢宵桜(ゆめよいざくら)の空』については
自ブログでアップするのは初めてです。
写真と音源については Junさんのブログ『Silver Wings Diary』より
お借りしたものです。

染めと織りの街・新潟十日町の繊維工業組合が
美しい名をつけて十二ヶ月の色を選んだもので
夢宵桜(ゆめよいざくら)とは 3月の誕生色をさします。
春のおぼろにうかぶ楚々とした山桜の薄桃色。
日本の花と言えば桜。そして その桜は山桜を昔はさしてました。
江戸時代に品種改良されてできた染井吉野と違って
葉と一緒に花を咲かせる山桜には 華やかさの中にも
落ち着きを感じます。

山桜の咲く時期と大切な人を亡くした時期
そして 桜のイメージが重なって生まれた感じで
思い入れのある作品の一つです。

それと 花明かりの意味ですが
桜の花が満開で 夜でもあたりがぼんやり
ほの明るく感じられることを言います。
春の花として 梅や桃の花もありますが
夜にも愛でるのは 桜だけかもしれません。

桜の開花予想が出たばかりで
少し早い気もしますが
桜に関係した詩をアップしました。

再生する時は 右サイドバーにあるプレーヤーの停止ボタンを押して
BGMを停止してください。

音源はこちら
↓↓↓

!音量に注意!

Junさんのブログ『Silver Wings Diary』のコラボ紹介ページは
こちら
↓↓↓
『Silver Wings Diary』
《コラボ曲紹介ページ》

|

« 沈丁花 | トップページ | 偽りの顔 »