« どんなときも | トップページ | 今という時を »

2008年12月16日 (火)

優しさはそこに

なんとわたしは こころすぐに
見えなくなってしまうのでしょう

何ひとつとして わたしは誇れない
わたしは何も持たぬもの
こころ貧しきもの…罪人…

わたしのようなものにさへ
届けてくださる
自然の優しさはすべてに注がれている

花を愛せば花の中に
風を愛せば風の中に
あなたを愛せばあなたの中に
あの青い蒼い空へと
お寄せくださる
引いてくださる
星の華
綺麗にお聞かせくださる

それはすべて自然からのお恵み
それはすべて贈られたもの

優しさはいつもそこにある

|

« どんなときも | トップページ | 今という時を »